Press "Enter" to skip to content

デリヘルの利用と思うこと

品川発の派遣デリヘルを利用しました。その時の女性がスッゴク可愛く、体の相性も良かったのでリピしました。

女の子は、私が二回目の指名だと喜んでくれました=
私は前回、女の子が恥ずかしい事が好きだというのを聞いていたので、今回は攻めで恥ずかしい事をしてみたくなりました。そして、この日のために恥ずかしい事はなにをしようか考えてきました。

まず、女性が立って私が女性の下半身を触る行為です。下から女性の顔をたまに見ると、恥ずかしそうにしていました。それが私にも気持ち良くて、ずっとやりたくなってしまいました。まるで、自分の彼女が好きな事をしてあげている感じです。私もどちらかというと美女に攻められるのが好きなんですが、嬢を気持ち良くさせてあげたい気持ちがいっぱいでした。

だけどもやられっぱなしでは女性も仕事にならないと思ったのか、攻め交代できちんと私の体も触ってくれました。そして、二人仲良くフィニッシュです。色々と恥ずかしい事を考えてきましたが、できませんでした。それぐらい、二人の時間に集中してしまいました。

その翌週、神奈川で友人とガールズバーを利用したのですが・・・

ボクはお酒を飲んだり、女性と話す事は基本的に大好きなのですが、キャバクラやスナックなどの飲食業や接客業などには、どうしても抵抗があり、その為今までに一回も利用した事がありませんでした。

しかしコンビニで購入したメンズ雑誌の中へと、ガールズバーに関して特集されて、詳しく紹介されていた為、この記事を読んで行く内に、何だか凄く気になって来てしまい、友人といったというのが、経緯なんです。

まず驚いたの利用料金が、ビックリするほど安く設定されていた。

そのガールズバーでは、60分から2,900円となっていたので、『最低でも5,000円位は絶対に掛かるだろうな~』などと、てっきり思い込んでいたボクは、この金額を男性スタッフから聞かされた時には、さすがに驚いてしまいました。

しかもカウンターで色んな種類のカクテルなどを、手際良く熟して行っている女性達は、
みんなビックリするほどに美しかった!

しかし、何かものたりない。そのあと、デリヘル品川サイトで、探して結局でりを利用しました。

その日の気分なんでしょうが、週末はデリヘルがいい!

風俗という職業

デリヘルは、がんばり次第で月収100万円超えも可能なので、一攫千金を夢見る女性が求人に応募する事も少なくありません。

デリヘルをはじめとした風俗業は、若さが武器になる仕事ですから、若いうちに短期間だけ働いてお金を貯めて、自分の夢を実現させる、そんな生き方は或る意味賢いと思います。

そんな風に将来のために、お金を貯めたいと言う明確な目標がある子は、寮完備の店で働いた方がいいです。

すべてのデリヘルではありませんが、多くの店では寮を完備しています。

寮といっても、完全個室のところが多いので、自分のプライバシーもしっかりと守る事が可能です。

寮は無料、もしくは格安のところが多いので、寮に住み込めば、その分住宅費を浮かせて貯金にまわす事が可能です。

また、デリヘルの寮にすむ事で、簡単には辞められなくなりますし、ある程度退路をたって仕事に取り組む事が出来ます。

何があっても1年はがんばってお金を貯める、そういう覚悟が持てると思います。

しっかりと目標を持って、こつこつ貯金が出来れば、一年で数百万、あるいは一千万以上貯める事だって可能です。

普通のOLやアルバイトではそんな事は不可能ですよね。

でもそれが可能になるのが風俗の仕事なんです。

デリヘルは、夢の実現のためにもっとも近道だと私は思います。

韓国デリも当たりを引けば!

品川の韓国専門デリヘルへと電話を掛けて、予約を入れエッチなサービスをしてもらいました。

自宅に訪問して来た、韓国人のデリヘル嬢とは、今年で23歳を迎えると言う、透き通るようなキレイなお肌と、笑顔がとてチャーミングであった、大変美しい顔立ちの女の子でありました。

彼女は日本に来て、まだ1ヶ月位しか経っていないらしく、こうした事から、片言の日本語で話しておりました。

プレイが、いざスタートしたのですが、エッチの経験自体があまりないらしく、非常に恥ずかしながら、様々な種類の性的サービスなどを、何とかやってくれました。

その恥ずかしがる様子や仕草などが、何だかとっても初々しかった為、私は肩に入っていた余分な力を抜いて、すっかりリラックスした状態により、サービスを思う存分に満喫する事が出来ました。

中でも特に気持ち良かったのが舌や唇などによって上手にやって行く、フェラチオの基本メニューでありました。

ヤバいほどに気持ちが良かったです。整形しているかわかりませんが、顔のレベルも高かったです。たっぷりと放つ事が出来ました。